開花情報

東京都薬用植物園内の樹名板より参照

  • ハマナス(バラ科)

    花は香料原料とされた。果実は食用となる。

    【植栽場所】染料香料植物区

    【撮影日 2024/04/28】

  • チョウジソウ(キョウチクトウ科)

    <有毒植物>

    【植栽場所】有毒植物区

    【撮影日 2024/04/28】

  • ヒナゲシ(ケシ科)

    【別名】グビジンソウ(虞美人草)

    【原産地】ヨーロッパ

    【ケシ比較植物】

    【植栽場所】栽培試験区

    【撮影日 2024/04/28】

  • ヒトツバタゴ(モクセイ科)

    【別名】ナンジャモンジャ

    【分布】愛知県、岐阜県、長崎県

    【植栽場所】草星舎の奥

    【撮影日 2024/04/23】

  • ルリジサ(ムラサキ科)

    【別名】ボリジ(borage)、ボラゴ、ルリチシャ

    【用途】かつては食用にしたが、肝臓障害の原因となるアルカロイドを含むことが判明したため、飲食用には適さない。現在は観賞用とされる。

    【成分】ピロリジジンアルカロイド(有毒)、粘液質、タンニンなど

    【原産地】地中海沿岸地方

    【植栽場所】ふれあいガーデン草星舎

    【撮影日 2024/04/23】

  • キンラン(ラン科)

    【植栽場所】林地

    【撮影日 2024/04/18】

  • ホソバタイセイ(アブラナ科)

    【別名】ウォード(woad)

    【利用部分】葉

    【用途】葉を乾燥、発酵させて青色系染料とする。アイ(タデアイ)の普及以前に広く用いられた古くからの染料植物。

    【成分】インディカン(インディゴに変化・発色)

    【原産地】ヨーロッパ南部

    【植栽場所】染料香料植物区

    【撮影日 2024/04/15】

  • ドウダンツツジ(ツツジ科)

    【分布】四国

    春に白色でつぼ形の花をつける

    秋には美しく紅葉

    【植栽場所】林地

    【撮影日 2024/04/15】

  • オオアマドコロ(ユリ科)

    アマドコロの変種で大型になります。

    【原産地】日本

    【植栽場所】民間薬原料植物区

    【撮影日 2024/04/15】

  • ホウチャクソウ(ユリ科)

    <有毒植物>

    【植栽場所】林地

    【撮影日 2024/04/15】

  • シロヤマブキ(バラ科)

    【分布】本州の中部地方の岩石地、朝鮮南部、中国

    花弁は白色で4個  葉は対生

    【植栽場所】有用樹木区

    【撮影日 2024/04/15】

  • トキワマンサク(マンサク科)

    常盤満作

    【分布】本州、九州、インド、中国南部

    常緑樹  花は淡黄白色で庭木にする

    【植栽場所】有用樹木区

    【撮影日 2024/04/15】

ふれあいガーデン 草星舎

〒187-0033
東京都小平市中島町21番1号
東京都薬用植物園内
ふれあいガーデン草星舎事務局
TEL:080-5903-0828

営業日

セーシャとソーシャ