開花情報

東京都薬用植物園内の樹名板より参照

  • フユザンショウ(ミカン科)

    【別名】フダンザンショウ

    【適用】暖地の山地に自生する。サンショウに比べ、香味が劣り、辛味成分も少ないので利用されない。

    【植栽場所】染料香料植物区

    【撮影日 2022/09/16】

  • ノダケ(セリ科)

    【生薬名】ゼンコ(前胡)本種由来のゼンコを「紫花ゼンコ」と称することもある

    【薬用部分】根

    【用途】漢方処方用薬:解熱鎮痛、鎮咳去痰(参蘇飲ほか)

    【成分】クマリン類(ノダケニンほか)

    【分布】日本(関東から九州)、中国大陸、朝鮮半島

    【植栽場所】漢方薬原料植物区

    【撮影日 2022/09/16】

  • カリガネソウ(クマツヅラ科 新体系ではシソ科)

    【別名】ホカケソウ(帆掛草)

    【植栽場所】ロックガーデン、林地

    【撮影日 2022/09/15】

  • キンミズヒキ(バラ科)

    【生薬名】リュウガソウ(竜牙草)

    【薬用部分】開花期の全草

    【用途】民間療法において、乾燥品を煎じて下痢止めに、また口内炎の消炎に用いる

    【成分】アグリモノール、タンニンなど

    【分布】日本、朝鮮半島、中国、千島列島

    【植栽場所】民間薬原料植物区

    【撮影日 2022/09/09】

  • ヘディキウム・コロナリウム(ショウガ科)

    【用途】花より精油を得て、香水などに用いる

    【原産地】熱帯アジア

    【別名】ハナシュクシャ、ホワイトジンジャー、ジンジャーリリー

    【植栽場所】染料香料植物区

    【撮影日 2022/09/09】

     

  • ハッカ(シソ科)

    【生薬名】ハッカ(薄荷)

    【薬用部分】地上部

    【用途】漢方処方用薬:精神神経用薬、消炎排膿薬、その他の処方に配合(加味逍遥散ほか)

    【成分】精油

    【原産地】日本、東南アジアの温帯

    【植栽場所】漢方薬原料植物区

    【撮影日 2022/09/03】

  • オナモミ(キク科)

    【生薬名】ソウジシ(蒼耳子)

    【薬用部分】果実(偽果)

    【用途】漢方処方用薬:解熱・発汗・鎮静(蒼耳散ほか)

    【成分】脂肪油(リノール酸等)

    【原産地】アジア大陸。日本には古い時代に帰化。

    【植栽場所】民間薬原料植物区

    【撮影日 2022/09/03】

  • ゴジカ(アオギリ科 新体系ではアオイ科)

    和名は、漢名(午時花)に由来して、昼間1日だけ咲くことからつけられた。

    【原産地】インドから熱帯アジア

    【植栽場所】民間薬原料植物区

    【撮影日 2022/08/31】

  • ヘビウリ(ウリ科)

    【利用部分】若い果実

    【用途】食用(スープ、炒めもの等)。果実の長さは、0.3から1.5m。若い果実は緑白色で縦に白条があり、熟すと赤くなる。

    【原産地】熱帯アジア

    【植栽場所】民間薬原料植物区

    【撮影日 2022/08/21】

  • ギンセンカ(アオイ科)

    地中海沿岸から中部アフリカ原産。観賞用として植えられたものが野生化している。開花してもすぐしぼむことから朝露草、英名でFlower of an hourと呼ばれる。

    【植栽場所】民間薬原料植物区

    【撮影日 2022/08/21】

  • カワラケツメイ(マメ科)

    【生薬名】サンペンズ(山扁豆)

    【薬用部分】果実のついた地上部

    【用途】利尿作用があり、民間療法で煎用される。また、弘法茶、豆茶、浜茶などと称し、全草を乾燥して炒ったものを茶の代用とする。

    【成分】アントラキノン類、フラボノイドなど

    【原産地】日本(本州から九州)、朝鮮半島、中国(東部・東北部)

    【植栽場所】民間薬原料植物区

    【撮影日 2022/08/21】

  • ワタ(アオイ科)

    日本在来種

    【植栽場所】民間薬原料植物区

    【撮影日 2022/08/19】

ふれあいガーデン 草星舎

〒187-003
東京都小平市中島町21番1号
東京都薬用植物園内
ふれあいガーデン草星舎事務局
TEL:080-5903-0828