開花情報

東京都薬用植物園内の樹名板より参照

  • カルドン(キク科)

    【用途】葉柄部を軟白して食用とする。

    観賞用

    【原産地】地中海沿岸、カナリア諸島

    【植栽場所】染料香料植物区

    【撮影日 2022/07/01】

  • ゴボウ(キク科)

    【生薬名】ゴボウシ(牛蒡子)

    【薬用部分】果実

    【用途】漢方処方用薬:解熱・解毒・去痰・鎮咳作用

    感冒や皮膚炎の薬方に配剤(駆風解毒散・消風散)

    【原産地】ヨーロッパから中国

    【植栽場所】漢方薬原料植物区

    【撮影日 2022/07/01】

  • ヨモギギク(キク科)

    【別名】タンジー

    【薬用部分】全草

    【用途】ヨーロッパの民間で駆虫剤などに利用。日本では主に観賞用に栽培。

    注)タンジーオイルは有毒

    【原産地】ヨーロッパからアジア

    【植栽場所】民間薬原料植物区

    【撮影日 2022/06/30】

  • ハンゲショウ(ドクダミ科)

    (半夏生、半化粧)

    【植栽場所】水生植物区、草星舎の庭

    【撮影日 2022/06/20】

  • ホタルブクロ(キキョウ科)

    【分布】北海道から九州まで

    【植栽場所】林地

    【撮影日 2022/06/20】

  • ムラサキシキブ(クマツヅラ科 新体系ではシソ科)

    【植栽場所】林地

    【撮影日 2022/06/21】

  • ミミガタテンナンショウ(サトイモ科)

    <有毒植物>

    耳形天南星

    【植栽場所】林地

    【撮影日 2022/06/21】

  • ヤコウボク(ナス科)

    【別名】ヤコウカ(夜香花)

    花=香料(開花期の夜間芳香を放つ)

    熱帯アメリカ原産

    【植栽場所】温室

    【撮影日 2022/06/21】

  • トウキ(セリ科)

    【生薬名】トウキ(当帰)

    【薬用部分】根

    【用途】漢方処方用薬:生理異常、貧血、冷え症の処方に配合(当帰芍薬散ほか)

    【成分】精油(リグスティライドなど)

    【原産地】日本

    【植栽場所】漢方薬原料植物区

    【撮影日 2022/06/17】

  • フェイジョア(フトモモ科)

    果実は食用

    【植栽場所】有用樹木区

    【撮影日 2022/06/17】

  • サボンソウ(ナデシコ科)

    【別名】ソープワート、サポナリア
    【生薬名】サポナリア根(こん)
    【薬用部分】根茎
    【用途】民間療法として去痰薬に粉末を服用
    【原産地】ヨーロッパ
    【植栽場所】民間薬原料植物区

  • ジャガイモ(ナス科)

    <有毒植物>
    【別名】バレイショ
    【有毒成分】ステロイドアルカロイド配糖体(α-ソラニンなど)

ふれあいガーデン 草星舎

〒187-003
東京都小平市中島町21番1号
東京都薬用植物園内
ふれあいガーデン草星舎事務局
TEL:080-5903-0828