開花情報

東京都薬用植物園内の樹名板より参照

  • センブリ(リンドウ科)

    【生薬名】センブリ(当薬)

    【薬用部分】開花期の全草

    【用途】消化不良、食欲不振に苦味健胃薬、整腸薬として熱湯中に浸して振り出し、または煎剤として服用される。

    【成分】苦味成分セコイリドイド配糖体(スウェルチアマリンなど)

    【分布】北海道西南部、本州、四国、九州、朝鮮半島、中国大陸

    【植栽場所】外国植物区

    【撮影日 2022/10/31】

     

  • ノグルミ(クルミ科)

    【植栽場所】有用樹木区

    【撮影日 2022/10/28】

  • ガマズミ(スイカズラ科)

    【植栽場所】林地

    【撮影日 2022/10/28】

  • クコ(ナス科)

    【生薬名】クコシ(枸杞子)及びジコッピ(地骨皮)クコヨウ(枸杞葉)

    【薬用部分】果実(クコシ)、根皮(ジコッピ)、葉(クコヨウ)

    【用途】漢方処方用薬:疲労回復、解熱、滋養強壮強精作用(枸菊地黄丸ほか) 民間薬:滋養強壮作用

    【原産地】日本、中国、東アジア

    【植栽場所】民間薬原料植物区、ふれあいガーデン草星舎

    【撮影日 2022/10/26】

  • サンシュユ(ミズキ科)

    【別名】ハルコガネ、アキサンゴ

    【生薬名】サンシュユ(山茱萸)

    【薬用部分】種子を抜き取った果肉

    【用途】漢方処方用薬:強壮・収斂(八味地黄丸)

    【成分】イリドイド配糖体等

    【原産地】中国、朝鮮半島

    【植栽場所】有用樹木区

    【撮影日 2022/10/26】

  • リンドウ(リンドウ科)

    根(リュウタン)を苦味健胃薬とする。また、漢方処方に配剤する。

    【植栽場所】ロックガーデン

    【撮影日 2022/10/26】

  • ヤブミョウガ(ツユクサ科)

    【植栽場所】林地

    【撮影日 2022/10/26】

  • ノイバラ(バラ科)

    【植栽場所】林地

    【撮影日 2022/10/26】

  • ノコンギク(キク科)

    野紺菊

    【分布】本州、四国、九州

    【植栽場所】林地

    【撮影日 2022/10/26】

  • リュウノウギク(キク科)

    【薬用部分】地上部

    【用途】民間療法で、冷え・神経痛・浅い外傷などに入浴剤として使用

    【成分】精油(カンフェン、カンファーなど)

    【植栽場所】民間薬原料植物区

    【撮影日 2022/10/26】

  • ミズヒキ(タデ科)

    中国産

    中国名:金線草

    【植栽場所】外国植物区

    【撮影日 2022/10/26】

  • カンレンボク(ヌマミズキ科)

    【別名】喜樹(中国名)

    【薬用部分】果実、根

    【用途】植物体からカンプトテシンを単離してイリノテカン(抗癌剤)の合成原料になる

    【成分】カンプトテシン、ベノテルピン

    【原産地】中国

    【植栽場所】有用樹木区

    【撮影日 2022/10/21】

ふれあいガーデン 草星舎

〒187-003
東京都小平市中島町21番1号
東京都薬用植物園内
ふれあいガーデン草星舎事務局
TEL:080-5903-0828