サイトマップ | リンク集 | お問い合わせ | サイト運営者情報

総合案内
取り扱い商品
各種情報
ふれあいガーデン 草星舎

〒187-0033
東京都小平市中島町21番1号
東京都薬用植物園内
ふれあいガーデン草星舎事務局
TEL:080-5903-0828


だんだんボックス


開花情報


東京都薬用植物園内の樹名板より参照

最新リスト

81 番~ 90 番を表示 (全 3378 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 8 (9) 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ... 338 »

ノゲイトウ(ヒユ科)

【生薬名】セイソウシ
【薬用部分】種子
【用途】漢方処方用薬:強壮・消炎薬として稀に配剤
【成分】脂肪酸
【原産地】インド。帰化植物として各地に自生。
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2020/08/09】

オトギリソウ(オトギリソウ科)

【分布】日本全国
【植栽場所】民間薬原料植物区ほか

【撮影日 2020/08/09】

レンゲショウマ(キンポウゲ科)

【分布】本州(福島県から奈良県)
【植栽場所】温室裏

【撮影日 2020/08/09】

エビスグサ(マメ科)

【生薬名】ケツメイシ(決明子)
【薬用部分】種子
【用途】おもに民間療法で、便通を改善する整腸薬として煎用される。
【成分】アントラキノン誘導体(エモジン他)など
【原産地】中央アメリカ
【植栽場所】民間薬原料植物区(草星舎の前)

【撮影日 2020/08/09】

フジマメ(マメ科)

【生薬名】ヘンズ(扁豆)
【薬用部分】種子
【用途】食欲増進・下痢止めなど
若さやを食用とする。
【別名】センゴクマメ
【原産地】熱帯アフリカとされる。
【植栽場所】漢方薬原料植物区

【撮影日 2020/08/04】

カワミドリ(シソ科)

【生薬名】ドカッコウ
【薬用部分】地上部
【用途】漢方処方用薬:清涼解熱、芳香健胃作用
カッコウ(パチョリ)の代用とされる。
【成分】精油(メチルチャビコールほか)
【原産地】日本、朝鮮半島、中国、シベリア東部
【植栽場所】漢方薬原料植物区

【撮影日 2020/08/04】

ワタ(アオイ科)

日本在来種
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2020/08/04】

リクチメン(アオイ科)

アメリカ起源の栽培ワタ。世界で最も作付面積の多い種類である。
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2020/08/04】

ヒツジグサ(スイレン科)

未草
【原産地】日本を含む北半球
【植栽場所】温室横の水鉢

【撮影日 2020/08/04】

バアソブ(キキョウ科)

【植栽場所】温室横の鉢

【撮影日 2020/08/04】


81 番~ 90 番を表示 (全 3378 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 8 (9) 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ... 338 »


Copyright © Tokyo Metropolitan Medicinal Plant Garden -Fureai Garden All Rights Reserved.