サイトマップ | リンク集 | お問い合わせ | サイト運営者情報

総合案内
取り扱い商品
各種情報
ふれあいガーデン 草星舎

〒187-0033
東京都小平市中島町21番1号
東京都薬用植物園内
ふれあいガーデン草星舎事務局
TEL:080-5903-0828


だんだんボックス


開花情報


東京都薬用植物園内の樹名板より参照

最新リスト

91 番~ 100 番を表示 (全 2772 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 (10) 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ... 278 »

スズカケソウ(ゴマノハグサ科)

【植栽場所】温室横の鉢

【撮影日 2017/7/12】

ラシャカキグサ(マツムシソウ科)

【利用部分】頭状果序
【用途】ラシャ(羅紗:起毛された厚地の毛織物)をけばだてるのに用いた。
【原産地】栽培種。欧州の野生種のオニナベナから作られてとされる。
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2017/7/8】

ヤマユリ(ユリ科)

【原産地】本州近畿地方以東
【植栽場所】林地

【撮影日 2017/7/8】

ヨモギギク(キク科)

【別名】タンジー
【薬用部分】全草
【用途】ヨーロッパの民間で駆虫剤などに利用。日本では主に観賞用に栽培。注)タンジーオイルは有毒
【成分】精油
【原産地】ヨーロッパからアジア
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2017/7/8】

キキョウ(キキョウ科)

【生薬名】キキョウ(桔梗根)
【薬用部分】根
【用途】去痰、排膿(桔梗湯など)
【成分】サポニン(プラチコジンD)等
【原産地】日本、朝鮮半島、中国
【植栽場所】漢方薬原料植物区

【撮影日 2017/7/7】

ハス(スイレン科)

チャワンバスと呼ばれている。
【植栽場所】池のそば

【撮影日 2017/7/7】

アーティチョーク(キク科)

【別名】チョウセンアザミ
地中海沿岸原産のカルドンから改良されたとされる栽培種。総花床および総苞片基部を、野菜として食用にする。
【植栽場所】温室前

【撮影日 2017/7/7】

ウイキョウ(セリ科)

【生薬名】ウイキョウ(茴香)
【薬用部分】果実
【用途】漢方処方用薬:健胃(安中散) 
    生薬製剤:胃腸薬の原料
【成分】精油(アネトール等)
【原産地】ヨーロッパ
【植栽場所】漢方薬原料植物区

【撮影日 2017/7/7】

ハナハッカ(シソ科)

【別名】オレガノ
【利用部分】地上部
【用途】主に地中海料理の香味料
【成分】精油(チモール等)、タンニン等
【原産地】ヨーロッパ、西アジア
【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2017/7/7】

ビロードアオイ(アオイ科)

【別名】マーシュマロウ、ウスベニタチアオイ
【生薬名】アルテア根
【薬用部分】根茎
【用途】抗炎症・刺激緩和薬、錠剤等の粘結剤
【成分】粘液質(キシラン等)
【原産地】地中海沿岸から西アジア
【植栽場所】漢方薬原料植物区のあずまやそば

【撮影日 2017/7/5】


91 番~ 100 番を表示 (全 2772 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 (10) 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ... 278 »


Copyright © Tokyo Metropolitan Medicinal Plant Garden -Fureai Garden All Rights Reserved.