サイトマップ | リンク集 | お問い合わせ | サイト運営者情報

総合案内
取り扱い商品
各種情報
ふれあいガーデン 草星舎

〒187-0033
東京都小平市中島町21番1号
東京都薬用植物園内
ふれあいガーデン草星舎事務局
TEL:080-5903-0828


だんだんボックス


開花情報


東京都薬用植物園内の樹名板より参照

最新リスト

81 番~ 90 番を表示 (全 3140 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 8 (9) 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ... 314 »

ハンゲショウ(ドクダミ科)

本州、四国、九州、沖縄の低湿地に自生します。花に向かい合う葉の表面が白く変化します。
【植栽場所】草星舎の庭

【撮影日 2019/06/22】

ラバンジン・ラベンダー‘グロッソ’(シソ科)

【利用部分】花穂
【成分】精油(酢酸リナリルなど)
【用途】香料の原料
【植栽場所】栽培試験区

【撮影日 2019/06/22】

アリウムの一種(ユリ科)

ニンニクの近縁種、鱗茎が大きく、種苗店では、ジャンボニンニクと呼ばれている。
【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2019/06/11】

キバナノコギリソウ(キク科)

【別名】イエローヤロウ
【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2019/06/11】

トウキ(セリ科)

【生薬名】トウキ(当帰)
【薬用部分】根
【用途】漢方処方用薬:婦人薬、冷え症用薬、その他の処方に配合(当帰芍薬散ほか)
【成分】精油(リグスティライド等)
【原産地】日本
【植栽場所】漢方薬原料植物区

【撮影日 2019/06/05】

セイヨウナツユキソウ(バラ科)

【別名】メドウスイート
【利用部分】地上部
【用途】ハーブティー等
【成分】精油(アネトール等)、サリシン等
【原産地】ヨーロッパ、アジア西部、モンゴル
【植栽場所】染料香料植物区
アスピリンの原料となるサリシンが初めて得られた植物である。また本種より得られた「スピール酸」が、ヤナギ属から得られたサリチル酸と同一物質であることが判明し、アスピリンの命名の由来となっている。

【撮影日 2019/06/05】

ムラサキウマゴヤシ(マメ科)

【成分】クマリン配糖体等
【原産地】地中海から小アジア
【別名】アルファルファ
発酵(腐敗)した地上部に含まれるジクマロールの構造を元にワルファリン(抗血液凝固薬)が、合成された。
【植栽場所】製薬原料植物区

【撮影日 2019/06/06】

トウカンゾウ(ユリ科)

【別名】ワスレグサ、ナンバンカンゾウ
【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2019/06/06】

ヘンルーダ(ミカン科)

【別名】ルー
【利用部分】地上部
【用途】かつては料理の香味料としたが、多量に使うと有毒である。
【成分】精油(メチルノニケルケトン等)、アルカロイド(グラベオリン等)、フラボノイド(ルチン等)
【原産地】ヨーロッパ南部
【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2019/06/05】

ウツボグサ(シソ科)

【生薬名】カゴソウ(夏枯草)
【薬用部分】花穂(かすい)
【用途】民間療法として利尿・消炎作用による腫れ物、浮腫に使う。
【成分】トリテルペン配糖体(プルネリン)など
【原産地】日本、朝鮮半島、台湾、中国及び東アジア温帯
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2019/06/05】


81 番~ 90 番を表示 (全 3140 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 8 (9) 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ... 314 »


Copyright © Tokyo Metropolitan Medicinal Plant Garden -Fureai Garden All Rights Reserved.