サイトマップ | リンク集 | お問い合わせ | サイト運営者情報

総合案内
取り扱い商品
各種情報
ふれあいガーデン 草星舎

〒187-0033
東京都小平市中島町21番1号
東京都薬用植物園内
ふれあいガーデン草星舎事務局
TEL:080-5903-0828


だんだんボックス


開花情報


東京都薬用植物園内の樹名板より参照

最新リスト

61 番~ 70 番を表示 (全 2781 枚)« 1 2 3 4 5 6 (7) 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 279 »

アサクラザンショウ(ミカン科)

【生薬名】サンショウ(山椒)
【薬用部分】果皮
【用途】漢方処方用薬(冷えによる腹痛、膨満感)
【成分】精油(シトロネラール、リモネン、サンショオール他)
生薬調製用として日本産の代表種
【植栽場所】漢方薬原料植物区

【撮影日 2017/08/25】

ウド(ウコギ科)

【生薬名】ドクカツ(独活)
【薬用部分】根茎
【用途】漢方処方用薬:鎮痛・発汗(独活湯等)
【成分】サポニン等
【原産地】日本(北海道から九州)、朝鮮半島、中国
【植栽場所】漢方薬原料植物区

【撮影日 2017/08/25】

イランイランノキ(バンレイシ科)

花=香水の原料
Ylang ylang=花の中の花を意味するタガログ語
【植栽場所】温室

【撮影日 2017/08/25】

ケイガイ(シソ科)

【生薬名】ケイガイ(荊芥穂)
【薬用部分】花穂(かすい)
【用途】漢方処方用薬:皮膚疾患用薬、消炎排膿薬その他の処方に配合(荊芥連翹湯ほか)
【成分】精油(d-メントン等)
【原産地】中国
【植栽場所】漢方薬原料植物区

【撮影日 2017/08/25】

ニラ(ユリ科)

【生薬名】キュウシ(韮子)
【用途】まれに漢方処方(韮子散)に配剤される。民間療法で、腹痛、下痢に内服する。また、生の葉を切り傷、歯痛に外用することがある。食材:ニラ(葉)
【成分】ステロイド配糖体など
【原産地】中国
【植栽場所】漢方薬原料植物区

【撮影日 2017/08/25】

ナンバンギセル(ハマウツボ科)

ススキなどの根に寄生する。
【植栽場所】ロックガーデン

【撮影日 2017/08/25】

ホップ(クワ科・アサ科)

(クワ科:新エングラー分類法)
(アサ科:クロンキスト分類法)
【生薬名】ホップ・ホップ腺
【薬用部分】成熟前の雌花穂・包葉の腺体
【成分】フムロン他
【適用】ホップはビールの苦味付けとし、ホップ腺は芳香性苦味健胃薬などとして用いられる。
【植栽場所】栽培試験区

【撮影日 2017/08/25】

ヒシ(アカバナ科・ヒシ科)


【植栽場所】温室前の水鉢

【撮影日 2017/08/25】

シャカトウ(バンレイシ科)

【別名】バンレイシ、シュガーアップル
【植栽場所】温室前の鉢

【撮影日 2017/08/25】

ゲンノショウコ(フウロソウ科)

<赤花>
【生薬名】ゲンノショウコ
【薬用部分】地上部
【用途】主に民間療法で整腸・下痢止めに煎用
【成分】タンニン(ゲラニインほか)フラボノイド(クエルセチンほか)
【原産地】日本、朝鮮半島、台湾
【植栽場所】民間薬原料植物区、草星舎の庭

【撮影日 2017/08/25】


61 番~ 70 番を表示 (全 2781 枚)« 1 2 3 4 5 6 (7) 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 279 »


Copyright © Tokyo Metropolitan Medicinal Plant Garden -Fureai Garden All Rights Reserved.