サイトマップ | リンク集 | お問い合わせ | サイト運営者情報

総合案内
取り扱い商品
各種情報
ふれあいガーデン 草星舎

〒187-0033
東京都小平市中島町21番1号
東京都薬用植物園内
ふれあいガーデン草星舎事務局
TEL:080-5903-0828


だんだんボックス


開花情報


東京都薬用植物園内の樹名板より参照

最新リスト

61 番~ 70 番を表示 (全 3140 枚)« 1 2 3 4 5 6 (7) 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 314 »

ラベンダーセージ(シソ科)

【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2019/07/12】

ホタルブクロ(キキョウ科)

【植栽場所】ロックガーデン

【撮影日 2019/07/13】

オオボウシバナ(ツユクサ科)

【別名】アオバナ
【利用部分】花弁
【用途】花弁のしぼり汁を和紙にしみ込ませ青花紙を作る。
青花紙を水に浸すと青色染料となり、友禅染や紋染の下絵書きに用いられる。
【原産地】栽培種:ツユクサの変種
【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2019/07/13】

メグサハッカ(シソ科)

【別名】ペニーロイヤル、ペニーロイヤルミント
【利用部分】葉、オイル(精油)
【用途】葉:ポプリに用いられる。飲食は不可。オイル(精油):石けん製造等に用いられる
【成分】精油(プレゴン等)
【原産地】ヨーロッパから西アジア
【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2019/07/03】

ヨモギギク(キク科)

【別名】タンジー
【薬用部分】全草
【用途】ヨーロッパの民間薬で駆虫剤などに利用。日本では主に観賞用に栽培
注)タンジーオイルは有毒
【成分】精油
【原産地】ヨーロッパからアジア
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2019/07/05】

ハナハッカ(シソ科)

【別名】オレガノ、ワイルドマジョラム
【利用部分】地上部
【用途】イタリア料理、地中海料理などの香味料
【成分】精油(チモール等)、タンニン等
【原産地】ヨーロッパ、西アジア
【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2019/07/03】

オオアワダチソウ(キク科)

【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2019/07/03】

ミソハギ(ミソハギ科)

【生薬名】センクツサイ(千屈菜)
【薬用部分】全草
民間療法で急性腸炎、下痢止めなどに煎じて服用
【成分】トリテルペン、タンニンなど
【分布】日本(本州から九州)、朝鮮半島
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2019/07/05】

ネジバナ(ラン科)

【別名】モジズリ
【植栽場所】草星舎の芝生

【撮影日 2019/07/03】

ポドフィルム(メギ科)

【別名】アメリカハッカクレン
【生薬名】ポドフィルム根
【薬用部分】根茎
【用途】瀉下薬。エトポシド、テンポシド(抗悪性腫瘍薬)の合成原料。
【成分】リグナン(ポドフィロトキシン)
【原産地】北米東部
【植栽場所】製薬原料植物区

【撮影日 2019/07/03】


61 番~ 70 番を表示 (全 3140 枚)« 1 2 3 4 5 6 (7) 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 314 »


Copyright © Tokyo Metropolitan Medicinal Plant Garden -Fureai Garden All Rights Reserved.