サイトマップ | リンク集 | お問い合わせ | サイト運営者情報

総合案内
取り扱い商品
各種情報
ふれあいガーデン 草星舎

〒187-0033
東京都小平市中島町21番1号
東京都薬用植物園内
ふれあいガーデン草星舎事務局
TEL:080-5903-0828


だんだんボックス


開花情報


東京都薬用植物園内の樹名板より参照

最新リスト

61 番~ 70 番を表示 (全 2772 枚)« 1 2 3 4 5 6 (7) 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 278 »

ゲンノショウコ(フウロソウ科)

<赤花>
【生薬名】ゲンノショウコ
【薬用部分】地上部
【用途】主に民間療法で整腸・下痢止めに煎用
【成分】タンニン(ゲラニインほか)フラボノイド(クエルセチンほか)
【原産地】日本、朝鮮半島、台湾
【植栽場所】民間薬原料植物区、草星舎の庭

【撮影日 2017/08/25】

カワラケツメイ(マメ科)

【生薬名】サンペンズ(山扁豆)
【薬用部分】果実のついた地上部
【用途】利尿作用があり、民間療法で煎用される。また、「弘法茶、豆茶、浜茶」などと称して全草を乾燥、炒ったものを茶の代用とする。
【成分】アントラキノン類、フラボノイドなど
【原産地】日本(本州から九州)、朝鮮半島、中国(東・東北部)
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2017/08/25】

ワタ(アオイ科)

日本在来種
【植栽場所】ふれあいガーデン

【撮影日 2017/08/23】

ムラサキタデ(タデ科)

ヤナギタデの栽培品種。香辛料として薬味や刺身のつまなどに用いられる。
【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2017/8/20】

ウマノスズクサ(ウマノスズクサ科)

<有毒植物>
【有毒部分】根、果実、葉
【有毒成分】アルカロイド(アリストロキア酸)他
【中毒症状】ヨーロッパや日本でアリストロキア酸による腎障害の発生が報告されている。
【原産地】日本、中国
【植栽場所】有毒植物区

【撮影日 2017/08/20】

オオミノツルコケモモ(ツツジ科)

【クランベリー】
【原産地】北米大陸
【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2017/08/20】

ナツズイセン(ヒガンバナ科)

<有毒植物>
【植栽場所】池のそば

【撮影日 2017/08/04】

カワミドリ(シソ科)

【生薬名】ドカッコウ 
【薬用部分】地上部
【用途】 漢方処方用薬:清涼解熱、芳香健胃作用
【成分】精油(メチルチャビコールほか)など
【原産地】日本、朝鮮半島、中国、シベリア東部
【植栽場所】漢方薬原料植物区

【撮影日 2017/08/04】

メハジキ(シソ科)

【生薬名】ヤクモソウ(益母草)
【薬用部分】花期の地上部
【用途】駆瘀血等の目的で婦人病の製剤(益母丸等)に配合される。
【成分】アルカロイド(レオヌリン等)
【原産地】日本、朝鮮半島、ウスリー、中国
【植栽場所】漢方薬原料植物区

【撮影日 2017/08/02】

レンゲショウマ(キンポウゲ科)

【植栽場所】温室そばの鉢

【撮影日 2017/08/02】


61 番~ 70 番を表示 (全 2772 枚)« 1 2 3 4 5 6 (7) 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 278 »


Copyright © Tokyo Metropolitan Medicinal Plant Garden -Fureai Garden All Rights Reserved.