サイトマップ | リンク集 | お問い合わせ | サイト運営者情報

総合案内
取り扱い商品
各種情報
ふれあいガーデン 草星舎

〒187-0033
東京都小平市中島町21番1号
東京都薬用植物園内
ふれあいガーデン草星舎事務局
TEL:080-5903-0828


だんだんボックス


開花情報


東京都薬用植物園内の樹名板より参照

最新リスト

31 番~ 40 番を表示 (全 3140 枚)« 1 2 3 (4) 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 314 »

エビスグサ(マメ科)

(中国産)
【生薬名】ケツメイシ(決明子)
【薬用部分】種子
【用途】民間療法に多く用いられ、便通を改善する整腸薬として煎用される。
【成分】アントラキノン誘導体(エモジンほか)など
【原産地】中央アメリカ
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2019/08/11】

ハブソウ(マメ科)

【生薬名】ボウコウナン(望江南)
【薬用部分】種子
【用途】民間療法では健胃、緩下などを目的に煎用される。虫刺されに生薬の汁を塗布。注)ハブ茶と呼ばれているものの原料は、主にエビスグサの種子(決明子)
【成分】タンニン、粘液質、脂肪、アントラキノンほか
【原産地】熱帯アメリカ
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2019/08/09】

オランダセンニチ(キク科)

【別名】センニチモドキ
【用途】辛味が弱いため、観賞用とされる。
【成分】辛味成分(スピラントール)、精油
【原産地】東南アジア。熱帯に広く帰化している。
【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2019/08/11】

ビャクブ(ビャクブ科)

<有毒植物>
【生薬名】ビャクブ(百部)
【薬用部分】肥大した根
【用途】殺虫剤、寄生虫駆除(虫下し)などに用いた
【成分】アルカロイド(ステモニン、ステモニジンなど)
【原産地】中国中部から南部
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2019/08/11】

マルバハッカ(シソ科)

【別名】アップルミント
葉を料理の香味料やハーブティとする。
【植栽場所】藤棚のそば

【撮影日 2019/08/11】

ヘビウリ(ウリ科)

【利用部分】若い果実
【用途】食用(スープ、炒め物等)。
果実の長さは、0.3mから1.5m。若い果実は緑白色で縦に白条があり、熟すと赤くなる。
【原産地】熱帯アジア
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2019/08/11】

ツノゴマ(ツノゴマ科)

【別名】ユニコーン・フラワー、旅人泣かせ
【利用部分】若い果実
【用途】食用(ピクルス)
【原産地】北米南部からメキシコ
【備考】果実は鉤状に湾曲。内果皮が木質化し、熟すと二股に裂け、種子を散布する。
【植栽場所】ふれあいガーデン

【撮影日 2019/08/11】

ケチョウセンアサガオ(ナス科)

<有毒植物>
【生薬名】ダツラ、マンダラヨウ(曼荼羅葉)ダツラシ、マンダラシ(曼荼羅子)
【薬用部分】葉、種子
【用途】硫酸アトロピン(鎮痛・鎮痙薬)等の製造原料
【成分】アルカロイド(ヒヨスチアミン等)
【原産地】アメリカ
【植栽場所】製薬原料植物区

【撮影日 2019/08/09】

タチフウロ(フウロソウ科)

【分布】本州、九州、朝鮮半島、中国北部 他
【植栽場所】ロックガーデン

【撮影日 2019/08/09】

インドジャボク(キョウチクトウ科)

印度蛇木<有毒植物>
【生薬名】ラウオルフィア根
【薬用部分】根
【適用】血圧降下薬、鎮静薬の製造原料
【植栽場所】温室 

【撮影日 2019/08/02】
インドの重要な薬用植物で、民間薬として精神病や蛇に噛まれたときに用いられていたインドジャボクから、レセルピンが分離されたのは1952年になってからです。その画期的な薬効は、植物界から得られた最も価値のある薬品の一つと言えます。まさに世界を変えた薬用植物です。


31 番~ 40 番を表示 (全 3140 枚)« 1 2 3 (4) 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 314 »


Copyright © Tokyo Metropolitan Medicinal Plant Garden -Fureai Garden All Rights Reserved.