サイトマップ | リンク集 | お問い合わせ | サイト運営者情報

総合案内
取り扱い商品
各種情報
ふれあいガーデン 草星舎

〒187-0033
東京都小平市中島町21番1号
東京都薬用植物園内
ふれあいガーデン草星舎事務局
TEL:080-5903-0828


だんだんボックス


開花情報


東京都薬用植物園内の樹名板より参照

最新リスト

31 番~ 40 番を表示 (全 3338 枚)« 1 2 3 (4) 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 334 »

ゴジカ(アオギリ科)

和名は、漢名(午時花)に由来して、昼間1日だけ咲くことからつけられた。
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2020/08/16】

ヘビウリ(ウリ科)

【薬用部分】若い果実
【用途】食用(スープ、炒めもの等)。
果実の長さは、0.3-1.5m。若い果実は緑白色で縦に白条があり、塾すと赤くなる。
【原産地】熱帯アジア

【撮影日 2020/08/16】

シロネ(シソ科)

中国では全草を沢蘭(タクラン)と称し、血行改善などに用いる
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2020/08/16】

ツノゴマ(ツノゴマ科)

【別名】ユニコーン・フラワー、旅人泣かせ
【利用部分】若い果実
【用途】食用(ピクルス)
【原産地】北米南部からメキシコ
【備考】果実は鉤状に湾曲。内果皮が木質化し、熟すと二股に裂け、種子を散布する。
【植栽場所】ふれあいガーデン

ゲンノショウコ(フウロソウ科)

【生薬名】ゲンノショウコ
【薬用部分】地上部
【用途】主に民間療法で整腸・下痢止めに煎用
【成分】タンニン(ゲラニインほか)フラボノイド(クエルセチンほか)など
【原産地】日本、朝鮮半島、台湾
【植栽場所】民間薬原料植物区、温室横、草星舎

【撮影日 2020/08/14】

バンウコン(ショウガ科)

根茎:食用、薬用
【植栽場所】温室

【撮影日 2020/08/14】

クズ(マメ科)

【生薬名】カッコン(葛根)、カッカ(葛花)
【薬用部分】根(カッコン)、花(カッカ)
【用途】漢方処方用薬
葛根:発汗、解熱、鎮痙(葛根湯)
葛花:めまい、二日酔い(葛花解醒湯)
【成分】イソフラボン誘導体(プエラリン)等
【分布】日本、中国、朝鮮半島
【植栽場所】漢方薬原料植物区

【撮影日 2020/08/09】

オジギソウ(マメ科)

【植栽場所】温室裏

【撮影日 2020/08/09】

ヒメハッカ(シソ科)

【植栽場所】温室横

【撮影日 2020/08/09】

フユアオイ(アオイ科)

【生薬名】トウキシ(冬葵子)
【薬用部分】種子、葉
【用途】漢方処方用薬:利尿、緩下・通乳作用(葵子茯苓散ほか)
【成分】粘液質など
【原産地】アジア亜熱帯
【植栽場所】漢方薬原料植物区

【撮影日 2020/08/09】


31 番~ 40 番を表示 (全 3338 枚)« 1 2 3 (4) 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 334 »


Copyright © Tokyo Metropolitan Medicinal Plant Garden -Fureai Garden All Rights Reserved.