サイトマップ | リンク集 | お問い合わせ | サイト運営者情報

総合案内
取り扱い商品
各種情報
ふれあいガーデン 草星舎

〒187-0033
東京都小平市中島町21番1号
東京都薬用植物園内
ふれあいガーデン草星舎事務局
TEL:080-5903-0828


だんだんボックス


開花情報


東京都薬用植物園内の樹名板より参照

最新リスト

21 番~ 30 番を表示 (全 3058 枚)« 1 2 (3) 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 306 »

イブキトラノオ(タデ科)

【生薬名】ケンジン(拳参)
【薬用部分】根茎
【用途】民間療法で下痢止め、収斂剤などに煎用、また、うがい薬として口内炎に用いられる。
【成分】タンニンなど
【分布】日本、ユーラシア大陸北部
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2019/05/20】

ヒロハセネガ(ヒメハギ科)

【生薬名】セネガ
【薬用部分】根
【成分】トリテルペンサポニン
【適用】去痰薬として配合剤の原料とする。
【植栽場所】製薬原料植物区

【撮影日 2019/05/20】

ロサ・カニナ(バラ科)

【別名】ドッグローズ(Dog rose)
【利用部分】果実(偽果)
【用途】ハーブティー(ローズヒップティー)
【原産地】ヨーロッパ
【植栽場所】ふれあいガーデン

【撮影日 2019/05/17】

アワモリショウマ(ユキノシタ科)

【分布】本州 近畿以西から九州
谷川沿いの岩場などに生える
花は白色
【植栽場所】有用樹木区

【撮影日 2019/05/20】

ジギタリス(ゴマノハグサ科)

<有毒植物>
【生薬名】ジギタリス
【薬用部分】葉
【用途】ジギトキシン(強心利尿薬)等の製造原料とされるが、一般の使用は不可。
【成分】強心配糖体(ジギトキシン等)
【原産地】ヨーロッパ
【植栽場所】製薬原料植物区

【撮影日 2019/05/15】

ウスベニアオイ(アオイ科)

【別名】マロウ
【利用部分】花
【用途】ハーブティー
【成分】アントシアン色素(マルビン等)
【原産地】ヨーロッパ南部
【植栽場所】染料香料植物区
?ゼニアオイの近縁種

【撮影日 2019/05/15】

セイヨウニワトコ(スイカズラ科)

花・果実をヨーロッパでは民間薬とした。
【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2019/05/15】

ケジギタリス(ゴマノハグサ科)

<有毒植物>
【生薬名】未設定
【薬用部分】葉
【用途】ジゴキシン(強心利尿薬)等の製造原料とされるが、一般の使用は不可。
【成分】共振配糖体(ジゴキシン等)
【原産地】ヨーロッパ
【植栽場所】製薬原料植物区

【撮影日 2019/05/15】

セイヨウトチノキ(トチノキ科)

【別名】マロニエ、ウマグリ
【薬用部分】樹皮、種子
【用途】欧州で収斂薬
【成分】サポニン(アエスシン)
【原産地】地中海沿岸
【植栽場所】有用樹木区

【撮影日 2019/05/15】

ベニバナトチノキ(トチノキ科)

【植栽場所】草星舎の前

【撮影日 2019/05/15】


21 番~ 30 番を表示 (全 3058 枚)« 1 2 (3) 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 306 »


Copyright © Tokyo Metropolitan Medicinal Plant Garden -Fureai Garden All Rights Reserved.