サイトマップ | リンク集 | お問い合わせ | サイト運営者情報

総合案内
取り扱い商品
各種情報
ふれあいガーデン 草星舎

〒187-0033
東京都小平市中島町21番1号
東京都薬用植物園内
ふれあいガーデン草星舎事務局
TEL:080-5903-0828


だんだんボックス


開花情報


東京都薬用植物園内の樹名板より参照

最新リスト

151 番~ 160 番を表示 (全 2966 枚)« 1 ... 7 8 9 10 11 12 13 14 15 (16) 17 18 19 20 21 22 23 24 25 ... 297 »

ムサシアブミ(サトイモ科)

武蔵鐙
<有毒植物>
【植栽場所】温室そばの鉢

【撮影日 2018/03/31】

ホソバテンジクメギ(メギ科)

【分布】中国西部
常緑低木
短枝に3本の針があり、果実は黒紫色
【植栽場所】有用樹木区

【撮影日 2018/03/31】

オキナグサ(キンポウゲ科)

<有毒植物>
【植栽場所】温室横の鉢

【撮影日 2018/03/28】

クサボケ(バラ科)

【別名】シドミ、ジナシ、ノボケ、コボケ
【生薬名】ワモッカ(和木瓜)
【薬用部分】果実
【用途】民間療法として果実酒、煎汁で整腸、疲労回復など。食用に砂糖漬け、ジャムなど。
【成分】リンゴ酸、クエン酸、酒石酸など
【原産地】日本(本州、九州)
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2018/03/28】

アミガサユリ(ユリ科)

【生薬名】バイモ(貝母)
【薬用部分】りん茎
【用途】漢方処方用薬:鎮痙、去痰、消炎作用(滋陰至宝湯ほか)
【成分】ステロイドアルカロイド(ベルチシンなど)
【原産地】中国
【植栽場所】漢方薬原料植物区

【撮影日 2018/03/28】

セイヨウオキナグサ(キンポウゲ科)

ヨーロッパでは民間薬として全草を用いる。
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2018/03/28】

ハシリドコロ(ナス科)

<有毒植物>
【生薬名】ロートコン
【薬用部分】根茎、根
【用途】ロートエキス(鎮痙薬)、臭化水素酸スコポラミン等の製造原料
【成分】アルカロイド(ヒヨスチアミン等)
【原産地】日本、朝鮮半島
【植栽場所】製薬原料植物区

【撮影日 2018/03/23】

ユスラウメ(バラ科)

【植栽場所】有用樹木区

【撮影日 2018/3/23】

ヒトリシズカ(センリョウ科)

【植栽場所】林地、ロックガーデン

【撮影日 2018/03/23】

クレマチス・アーマンディ(キンポウゲ科)

<有毒植物>
【有毒部位】全草
【有毒成分】プロトアネモニン
【原産地】中国
【植栽場所】有毒植物区
クレマチスと同様、液汁により皮膚炎を起こす可能性がある。川木通(生薬)の基原植物

【撮影日 2018/03/23】


151 番~ 160 番を表示 (全 2966 枚)« 1 ... 7 8 9 10 11 12 13 14 15 (16) 17 18 19 20 21 22 23 24 25 ... 297 »


Copyright © Tokyo Metropolitan Medicinal Plant Garden -Fureai Garden All Rights Reserved.