サイトマップ | リンク集 | お問い合わせ | サイト運営者情報

総合案内
取り扱い商品
各種情報
ふれあいガーデン 草星舎

〒187-0033
東京都小平市中島町21番1号
東京都薬用植物園内
ふれあいガーデン草星舎事務局
TEL:080-5903-0828


だんだんボックス


開花情報


東京都薬用植物園内の樹名板より参照

最新リスト

11 番~ 20 番を表示 (全 2941 枚)« 1 (2) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 295 »

ヘチマ(ウリ科)

【生薬名】シカ(糸瓜)
【薬用部分】ヘチマ水、果実
【用途】ヘチマ水を化粧水の原料に用いる。民間療法では去痰、利尿に生の果実を煎用する。若い果実は食用、果実の繊維はマッサージなどに。
【成分】硝酸カリウム、サポニンなど
【原産地】熱帯アジア
【植栽場所】ふれあいガーデン

【撮影日 2018/10/20】

サンシュユ(ミズキ科)

【生薬名】サンシュユ(山茱萸)
【薬用部分】種子を抜き取った果肉
【用途】漢方処方用薬:強壮・収斂(八味地黄丸)
【成分】イリドイド配糖体
【原産地】中国、朝鮮半島
【植栽場所】有用樹木区

【撮影日 2018/10/19】

バショウ(バショウ科)

【生薬名】バショウヨウ(芭蕉葉)、バショウコン(芭蕉根)
【薬用部分】茎葉、根茎
【用途】民間では、利尿(茎、葉を煎用)、解熱(根、茎を煎用)、傷の止血(生の葉の汁)に用いる。
【原産地】中国、東南アジア
【植栽場所】有用樹木区

【撮影日 2018/10/19】

ホオズキ(ナス科)

【生薬名】サンショウコン(酸漿根)
【薬用部分】根
【用途】かつては民間薬として用いられたことがあったが、現在では使用しない。
【成分】ヒストニン
【原産地】東アジア
【植栽場所】民間薬原料植物区

【撮影日 2018/10/19】

ロサ・カニナ(バラ科)

【別名】ドッグローズ(Dog rose)
【利用部分】果実(偽果)
【用途】ハーブティー(ローズヒップティー)
【原産地】ヨーロッパ
【植栽場所】温室前

【撮影日 2018/10/19】

マメガキ(カキノキ科)

別名:コガキ<雌雄異株>
柿渋をとるため日本でも古くから栽培
【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2018/10/06】

ラベンダーセージ(シソ科)

【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2018/09/28】

シオン(キク科)

【生薬名】シオン
【薬用部分】根及び根茎
【用途】漢方処方用薬:鎮咳・去痰作用(射干麻黄湯ほか)
【成分】サポニン(アスターサポニン)など
【原産地】日本(中国地方、九州)、中国(北部・南部)、朝鮮半島、モンゴル、シベリア東部
【植栽場所】漢方薬原料植物区

【撮影日 2018/09/28】

オミナエシ(オミナエシ科)

【生薬名】ハイショウコン(敗醤根)
【薬用部分】根
【用途】漢方処方用薬:消炎、利尿、排膿作用
【成分】トリテルペンサポニンなど
【原産地】日本、朝鮮半島、中国
【植栽場所】ロックガーデン、漢方薬原料植物区、ふれあいガーデン草星舎

【撮影日 2018/09/19】

イヌサフラン(ユリ科)

<有毒植物>【有毒部分】全草
【別名】コルチカム、コルヒクム
【生薬名】コルヒクム子、コルヒクム根
【薬用部分】種子、鱗茎
【用途】痛風の治療、植物染色体倍加に用いられるコルヒチンの製造原料
【成分】アルカロイド(コルヒチン)
【原産地】ヨーロッパ中南部、北アフリカ
【植栽場所】製薬原料植物区
【撮影日 2018/09/14】


11 番~ 20 番を表示 (全 2941 枚)« 1 (2) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 295 »


Copyright © Tokyo Metropolitan Medicinal Plant Garden -Fureai Garden All Rights Reserved.