サイトマップ | リンク集 | お問い合わせ | サイト運営者情報

総合案内
取り扱い商品
各種情報
ふれあいガーデン 草星舎

〒187-0033
東京都小平市中島町21番1号
東京都薬用植物園内
ふれあいガーデン草星舎事務局
TEL:080-5903-0828


だんだんボックス


開花情報


東京都薬用植物園内の樹名板より参照

最新リスト

1 番~ 10 番を表示 (全 2875 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 288 »

ジギタリス(ゴマノハグサ科)

<有毒植物>
【生薬名】ジギタリス
【薬用部分】葉
【用途】ジギトキシン(強心利尿薬)等の製造原料とされるが、一般の使用は不可
【成分】強心配糖体(ジギトキシン等)
【原産地】ヨーロッパ
【植栽場所】製薬原料植物区

【撮影日 2018/06/16】

オタネニンジン(ウコギ科)

【生薬名】ニンジン(人参)・コウジン(紅參)
【用途】漢方処方用薬:保健強壮薬(人参湯・捕中益気湯・帰脾湯他)
【植栽場所】温室横

【撮影日 2018/06/16】

カルドン(キク科)

葉柄部を軟白にして食用とする。観賞用。
【原産地】ヨーロッパ(地中海沿岸)
【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2018/06/16】

ウマノスズクサ(ウマノスズクサ科)

<有毒植物>
【有毒部分】根、果実、葉
【有毒成分】アルカロイド(アリストロキア酸)他
【中毒症状】ヨーロッパや日本でアリストロキア酸による腎障害の発生が報告されている。
【原産地】日本、中国
【植栽場所】有毒植物区

【撮影日 2018/06/16】

ケンポナシ(クロウメモドキ科)

【植栽場所】温室横

【撮影日 2018/06/16】

オオグルマ(キク科)

【別名】エリキャンペーン、土木香
【利用部分】根
【用途】リキュールやベルガモットの香りつけに用いられる。
【成分】精油(アラントラクトン等)、イヌリン等
【原産地】ヨーロッパからアジア北部
【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2018/06/16】

ナツシロギク(キク科)

【別名】フィーバーフュー
【利用部分】地上部
【用途】ヨーロッパの民間薬(解熱、鎮痛)、虫よけ
【成分】精油(カンファー、ボルネオール)、タンニン等
【原産地】アジア西部、バルカン半島
【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2018/06/16】

オニサルビア(シソ科)

【別名】クラリーセージ
【利用部分】葉
【用途】欧米では葉から抽出した精油をアロマセラピー(香気療法)に用いる。
【成分】精油等
【原産地】南ヨーロッパから西南アジア
【植栽場所】染料香料植物区

【撮影日 2018/06/16】

アンミ・マユス(セリ科)

【別名】ドクゼリモドキ、ホワイトレースフラワー
【生薬名】アンミ実
【薬用部分】果実
【用途】白斑の治療薬として用いられる。
【成分】フロクマリン(メトキサレン等)
【原産地】中部ヨーロッパから地中海沿岸、西アジア
【植栽場所】製薬原料植物区

【撮影日 2018/06/15】

ラバンジン・ラベンダー‘グロッソ’(シソ科)

【利用部分】花穂
【用途】香料の原料
【成分】精油(酢酸リナリルなど)
【原産地】栽培種。ラベンダーとヒロハラベンダーの交配でできたとされる。
【植栽場所】染料香料植物区、栽培試験区(草星舎のそば)

【撮影日 2018/06/16】


1 番~ 10 番を表示 (全 2875 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 288 »


Copyright © Tokyo Metropolitan Medicinal Plant Garden -Fureai Garden All Rights Reserved.