草星舎ブログ

「秋を染める」が開催されました!

2018年10月6日(土)東京都薬用植物園 研修室におきまして講師に山浩美さん(園芸研究家)をお迎えいたしまして「秋を染める」が開催されました。

草木は葉、枝、樹皮などに色を宿しています。季節の草木で染めるやさしい草木染めは家庭で楽しむ手軽で安全な方法を用いて、サクラの小枝と落葉を使って染めて頂きました。材料と用具、染まりやすい素材、染色の基本、模様のつけ方、染める手順の講義後、ビー玉やおはじき、輪ゴムでハンカチに模様をつけ染液、ミョウバン媒染で染めて頂きました。そして染めたあとの落葉は腐葉土として土にかえしました。自然の中でいろいろな植物が染の材料として使えます。同じ植物でも季節や染め方で色の出方が違います。草木染めは使っているうちに、色も変化していき、味わい深いものになります。どこかの風景を見ているような懐かしい色が草木染めの魅力のようです。

講師の先生、参加して頂きました皆様有難うございました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA