草星舎ブログ

「クールハーブ(タッジー・マッジーをつくりましょう)」が開催されました!

2017年7月8日(土)東京都薬用植物園 研修室におきまして、講師に神蔵いくよさんをお迎えいたしまして「クールハーブ(タッジー・マッジーをつくりましょう)」が開催されました。

良い香りのする、ハーブをぎゅっと集めて作る小さな花束があります。この花束をタッジー・マッジーとか、ノーズゲイまたはサンデイポージイと呼びます。ハーブには種類によってさまざまな香りがあり、古い時代からヨーロッパの人々はある種のハーブに神秘的な力が宿っていると信じられていたそうです。タッジー・マッジーには殺菌作用や、抗菌作用を持った香りの良い植物を使います。そして、自分の身を守るハーブを必ず加えて花束を作ると良いそうです。

タッジー・マッジーは片手で持てるほどの小さな花束ですので、中心になる花を決め、三角形を作るように、ラベンダーやローズマリー、タイムなどのハーブでまとめてゆきました。最後に、縁どりにやや大きなアップルミントの葉で囲み、ラフィアでむすびました。

植物民俗学の興味深い話やハーブの手入れなども詳しく講義していただきました。

講師の神蔵先生、参加して頂きました皆様有難うございました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA